宇宙に恋して

こころの声を紡ぎながら、目に見えない世界を探求しています。

☆ご予約方法のご案内☆

訪れる人の

プライベートな時間をお守りするために

安全で安心できる「隠れ家」でありたい。

 

CoralSkyは「会員制・完全予約制」の

プライベートサロンとなっております。

f:id:Kougetsu:20210522211825j:plain

5月のご予約・キャンセル待ち及び

6月の優先予約枠につきましては

受付を全て終了しております。

お申込みありがとうございました。

 

☆6月の優先予約につきまして☆

土曜日・日曜日枠を除く6月の優先予約は

4月29日(金)20時より受付を開始いたします

↓↓↓↓

6月の優先予約枠は予定枠数に達しましたので

受付を終了いたしました。

現在、6月のキャンセル待ち枠を受付中です。

(2022/4/29 21:08追記)

 

7月の優先予約につきましては

6月のスケジュール確定後となりますので

今しばらくお待ちください。

(5月下旬を予定しております)

 

尚、優先予約につきましては

ご連絡を受信した順に

受付とさせていただく都合上、

公平性を期するために、

申し込み受付開始時刻より

早めにご連絡を頂戴しても

対応しかねますことを予めご了承くださいませ。

 

はじめての方、

サロンの連絡先を紛失された方は、

ホームページのお問い合わせフォームから

お申込みください。

☟☟☟

coralsky.jimdofree.com

サロンの連絡先をお持ちの方は

メール、会員専用SNSからお申込みください。

 

はじめてのご予約につきましては

必ずご紹介者様のお名前を頂戴しております。

寺子屋ひより参加者の方は紹介者不用です。)

 

 ご紹介者様のお名前が

こちらで確認できない場合は

ご予約をお断りしておりますので

何卒ご了承くださいませ。

f:id:Kougetsu:20210626005416j:image

💡当サロンの営業とご予約につきまして💡

当サロンの営業スケジュールは

毎月28日〜末日に翌月分が確定

ホームページのカレンダーに公開しております。

 

❣️優先予約につきまして❣️

 優先予約とは

事前にご予約希望をお預かりすることで

営業カレンダーを更新する前に

ご予約可能な日時を優先的に確保し

こちらからご案内するものです。

 

優先予約受付が開始になりましたら

ご希望の曜日と時間帯をお知らせください。

 

例)

水・木曜日の午前中

平日18時以降

土・日曜日の午後、など

 

尚、不定休のため

必ずしもご指定日に

ご予約が可能というわけではありませんが

ご希望日時のご指定も可能です。

その場合は第3希望までお知らせください。

 

優先予約受付開始のお知らせにつきましては

LINE公式アカウントからのメッセージ配信と

ホームページ「Schedule」での告知となります。

 

着信順に優先予約の受付とさせていただき

定数に達した時点で受付は締切となります。

 

❣️キャンセル待ちにつきまして❣️

優先予約受付締切後は

キャンセル待ちの受付となります。

 

こちらも定数に達した時点で締切となります。

 

尚、該当月でキャンセルが出なかった場合、

翌月の優先予約枠へ

自動的にスライドさせていただきます。

 

翌月へのスライドをご希望されない場合は

事前にお知らせください。

 

❣️継続優先予約につきまして❣️

当サロンのメニューには

一定回数継続していただくものや

定期的に受けた方が効果的なものがございます。

 

以下のメニューにつきましては

「継続優先予約」が可能となっております。

  • セミナー
  • 心理カウンセリング
  • 瞑想会
  • ヒーリング 

該当するメニューで継続をご希望の方には

毎月 or 2ヵ月に1回 のペースで

自動的に優先予約枠を確保してご案内しております。

ご自身に合ったサイクルでお申し込みください。

(優先予約はご予約を強制するものではございません)

 

尚、スケジュール確定後やカレンダー公開時に

キャンセルや空き枠が出る場合もございます。

 

お問い合わせの際には

ホームページ「Schedule」の記載と

営業カレンダーを併せてご確認ください。

 

ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

f:id:Kougetsu:20210626005320j:image

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

⏰営業時間⏰

月・火・金曜日

18:00〜22:00(最終受付20:00)

水・木・土・日曜日

10:00〜22:00(最終受付20:00)

 

💻オンラインセッションのみ💻

月・火・金曜日

17:30〜22:30(最終受付21:00)

水・木・土・日曜日

 8:30〜22:30(最終受付21:00)

不定

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・タロットカード

・オラクルカード

占星術

・エネルギーヒーリング

・直傳靈氣

・心理カウンセリング 

・スピリチュアルカウンセリング

・瞑想指導

 

会員制・完全予約制

プライベートサロンCoralSky

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

認識、内観、実践、そして感謝

若い頃、というか

本当につい最近までは

何をするにも憂鬱な気分を選んでは

できない理由を探すのが得意でした

 

今も時々

そんな気分になることもありますが

昔ほどできない理由を

見つけられなくなってしまったので

行動にうつせるようになりましたね

 

学生時代は

毎朝、学校を休む理由を探すのが日課

 

実際、学校をよく休んでいました

 

いじめに遭っていたわけでも

勉強についていけなかったわけでも

先生が苦手だったわけでもなく

行けば行ったで

楽しく1日を過ごすのですが

毎朝、目が覚めると

どこも具合が悪くない自分にガッカリして

仮病を使うこともしばしば

 

習い事もそうです

 

ピアノも水泳も学習塾も

どうすれば休めるかを常に考えていたので

サボってしまうこともよくありました

 

それでも私の両親は

決して私に無理強いしませんでした

 

もちろんいい顔はしなかったし

ひとことふたこと苦言はありましたが

叱られることはありませんでした

 

私は第二次ベビーブームの生まれで

時代的には苛烈な競争社会

 

1つでも上の順位であることや

人よりたくさん所有することが

豊かさの象徴でした

 

お金も、物も、肩書きも、学歴も…

 

世の中は差別や偏見にあふれ

他と比べて正誤や優劣をつけては

順位や勝ち負けで表現されます

 

今で言う

パワハラモラハラ、セクハラなどは

もはや日常茶飯事でしたし

体罰紛いの「指導」や「躾」に対しても

疑問すら感じられないほどの日常でした

 

精神論がまかり通り

やる気と根性は必須アイテム

苦手なことは克服しなければならなかったし

ミスを許されない風潮すらありました

 

そんな時代ですから両親が私のことを

「甘やかしていた」と言われてしまえば

その通りだったのかもしれません

 

しかし今となっては

そんな時代にもかかわらず

忍耐強い子育てをしてくれた両親に

心から感謝しています

f:id:Kougetsu:20220115135055j:image

今はいい時代になりました

少なくとも私にとっては、ですが

 

その時代、時代で

特有の問題はあるのだと思いますが

あの頃、良いこととされていたものも

今となっては悪しき習慣だったと

顧みるものもあります

 

そして、

今、良いとされていることも

次の世代では

悪しき習慣となるかもしれない

 

卵が先か、鶏が先か、

どちらもその状態を体験してみなければ

わからないことなのかもしれませんね

f:id:Kougetsu:20220115125930j:plain

正義感や愛情というものは

とても美しいものです

 

しかしそれも

エゴの判断に基づいているのだと知るとき

私たちは「己の正しさ」や

「己の愛情」について

常に問いかけるようとする姿勢が

必要なのではないかと思うのです

 

分離から共生へ

統一から統合へ

 

どちらが正しいか

どちらが優るか

どちらが勝つか

どちらが得をするか

どちらが安全か

どちらが楽か

 

判断基準は

他にもいろいろあると思うのですが

私たちはどちらか一方を

自分にとって善きものとするとき

それ以外を悪しきものとしがちです

 

しかし

対極がなければ

互いを認識することができないのも

この世の道理でもあります

 

もちろん己の感覚や選択を

否定しろということではありません

 

対極が無ければ

それを選べなかった己を省み

全ての事象に対して

「おかげさま」と感謝することができれば

それでいいのではないかと……

f:id:Kougetsu:20220126095229j:plain

きれいごとで済まないこともたくさんありますし

許せないこと、受け入れがたいこと、

逃げ出したいこともあるでしょう

 

それでも私たちは

全ての現実を自分で創造していますし

他者を通して己の真実を見ているのです

 

そう思えば

望ましくない現実にも

必ず己の意志が働いているはずです

 

どんなことでも

対極を認識したら己を内観し

どちらかを選んで実践する

そして必ず感謝する

 

このプロセスを強く意識して日々過ごしていると

エゴに振り回されることが減り

高次の意識と繋がりやすくなるように思います

 

高次の意識と繋がると

問題はすでに問題ではなくなり

平和と安寧が常にあることに気付けるはずです

 

よかったら

試してみてくださいね

五十知命

2022年の初ブログです。

 

ずいぶん遅い

「書き初め」になってしまいました。

 

今年もよろしくお願いいたします。

f:id:Kougetsu:20220112221331j:image

いよいよ待ちに待った50代になりました。

 

その記念すべき今年の誕生日

私の住む千葉県は

警報レベルの雪が降りました(笑)

 

予定の変更は避けられず

不便を強いられることも多々ありましたが

北海道出身の私にとっては

雪景色に己のルーツを感じる

幸先の良い

50代のスタートだったと思います。

f:id:Kougetsu:20220112092553j:image

有名な孔子の『論語』には

このような記述があります。

 

子曰わく、

吾十有五にして学に志し、

三十にして立ち、

四十にして惑わず、

五十にして天命を知る、

六十にして耳従う、

七十にして心の欲する所に従いて矩を踰えず

 

口語訳によると、

以下ようになるそうです。

 

孔子はこのように言われた

私は15歳で学問に志し(志学)、

30代になって独立した立場を持ち(而立)、

40代になってあれこれと迷わず(不惑)、

50代になって天命をわきまえ(知命)、

60代になって人の言葉が素直に聞かれ(耳順)、

70代になると思うままにふるまっても

道をはずれないようになった(従心

 

論語

学生時代に習ったはずなのですが

すっかり忘れてしまったので

インターネットで調べました(笑)

 

便利な世の中になりましたね。

 

また、調べていくうちに

このような言葉にも出会いました。

 

行年五十にして四十九年の非を知り、

六十にして六十化す

 

蘧白玉(きょはくぎょく)という

孔子と同時代に生きた

名大夫のお言葉だそうです。


蘧白玉はいくつになっても

自分自身の行いを省み身を正し続け

たとえ老年となっても己の過去の非を改め

新しい自分へと変え続ける(=化す)のだと

このような言葉で表現されたのだとか。

 

人は50年も生きてくると

その人生経験から

ある程度

己の人生の結論に達してきます。

 

だからこそ

己の天命を知り

分をわきまえるようになる。

 

しかしそれと同時に

自身の「正しさ」に固執してしまい

変化を嫌うようにもなってきます。

 

生きるということは

常に新たにやり直す事であって

50になってやり直し、

60になればなったで

またやり直し変化する。

 

それが

行年五十にして四十九年の非を知り、

六十にして六十化す、ということです。

 

なるほど。

 

その意識があれば

孔子の語った次の10年、

「六十耳順」にも繋がりますね。

f:id:Kougetsu:20220112214708j:image

年齢を重ねることを

ネガティブに捉えている人は

意外と多いものです。

 

アンチエイジングに力を入れたり

若々しい見た目や振る舞いを意識したり

老害などという言葉で年配者を揶揄したり。

 

誰しもが辿り着く場所に

何故そんなにも

ネガティブなイメージを持つのでしょうか。

 

もちろん肉体は物質なので

諸々劣化し衰えてくることは否めませんが

それを「維持したい」とか

「過去の状態に戻したい」という

エゴを手放しさえすれば

若い頃には得られなかった豊かさが

どんどん入ってくるように思います。

 

「変化を嫌う」ことは

循環する「命の仕組み」に逆らうことであり

やはり自然ではありませんからね。

 

と、いうことで

2022年の初ブログは

先人のありがたいお言葉を

ご紹介させていただきました。

 

新しい10年は

先人の知恵にあやかり

己の天命をわきまえ

変化を喜びながら

楽しんでいこうと思います!

次元上昇の旅

2021年も今日が最終日。

 

最近はSNSでの発信がメインで

ブログは3か月ぶりの更新です。

 

この1年、

私のライフスタイルも

ずいぶん変わりました。

 

占星術の世界では

2020年12月22日から

「風の時代」がスタートし

スピリチュアルな世界では

2021年12月22日から

「次元上昇」に関する

大きな転換期を迎えたと言われています。

 

この手の話題に

関心がある人もない人も

2020年からの2年間は

地球規模のパンデミックにより

当たり前と思っていた日常が

ことごとく制限され

あふれる情報と異なる主義主張から

個々に選択を迫られる事態が

頻発したのではないでしょうか。

 

結果的に多くの人が

ライフスタイルの変更や行動変容を

強いられたのではないかと思います。

 

パンデミックは由々しき事態ですし

早く終息してほしいのですが

今までの「当たり前」が刷新されたことにより

私自身は精神世界の学びを20年弱続けてきた中で

ようやく「知識」が「知性」へと繋がるような

素晴らしい体験が数多くあった1年となりました。

 

そんなわけで大晦日のブログは

今年、私が「最も素晴らしい!」と感じた、

「次元上昇の旅」について書くことにします。

 

精神世界の話に関心の無い人にとっては

ここから先は単なるファンタジーなので

あまりお勧めはできませんが

少しでも関心のある人は

私の見ている世界をチラ見する感覚で

読み進めてみてください。

f:id:Kougetsu:20211231193645j:image

まず、次元について少しだけ説明をすると、

 

肉体としての私が存在する次元は3次元と呼ばれ

時間や空間の概念が存在する物質世界です。

 

そして、その肉体が持つ

エゴや感情が存在する次元は4次元と呼ばれ

精神世界の入り口にあたる世界です。

 

ここまでは地球という惑星に生まれる

私たち「人間」が体験する世界とされています。

 

今、スピリチュアルな世界で

盛んに言われている「次元上昇」とは、

地球、そしてそこに存在する人間が

いよいよ5次元の世界へ移動するというお話なのです。

 

アセンション」とも言いますね。

 

5次元というのは

魂としての私が3次元、4次元で体験した

分離や区別を統合する世界です。

 

いわゆる「愛」とか「光」とか

「ワンネス」という言葉で表現される

精神世界の第一段階みたいなところなのですが

3次元、4次元という相対の世界の概念では

残念ながら認識も理解も困難な世界です。

 

そのため

今までは5次元以上の世界へは

物質である肉体のままでは

移行することができず

必ず「死」というプロセスを

経る必要がありました。

 

しかし

死を経過し肉体を離れたとしても

積み上げたカルマを

必ず受け取らなければならないという

因果応報の法則が存在するため

私のような無明を生きる凡夫は

真の自己に目覚める機会がないため

再び肉体としての私を

経験することになります。

 

それを延々と繰り返している状態を

「輪廻転生」と呼んでいます。

 

無明を生きる凡夫である私の魂が

4次元の壁を超え

5次元へと移行するためには

4次元に存在するエゴと感情体験を克服し

真の自己に目覚める必要があります。

 

ちなみに釈迦やイエス

真の自己に目覚めたことにより

次元上昇した魂の代表格ですね。

 

ですから、

彼らの教えが

「真の自己に目覚めるための教え」として

体系的にまとめられ「宗教」となったのでしょう。

 

しかし、残念ながらこれらの教えは

言わずもがな波動が高いため

物質世界の波動のままでは

認識することも理解することも難しく

真の自己に目覚めるためには

途方もない年月忍耐し

カルマを解消するという苦難を

乗り越えなければならず

結果的にひたすら転生を繰り返す魂が

ほとんどなのだそうです。

 

このように

目覚めへの道は大変険しいので

おそらく大渋滞しているのでしょう。

 

だから地球はこんなにも

人口が増えてしまったのかもしれませんね。

 

そんな物質世界の惑星である地球が

2012年から次元上昇の旅を開始し

5次元へと波動を上げる選択をしました。

 

これにより

このタイミングに地球へ転生し

肉体として存在している私も

波動を選択できるようになったのです。

 

「真の自己への目覚め」を

今回の人生で体験することを選び

地球と共に5次元への次元上昇の旅を選ぶのか

 

それとも

 

このまま無明でカルマを積み続け

それを再び受け取るために

3次元への転生を繰り返す旅を選ぶのか

 

この人類の「2極化」が本格的に始まったのが

2021年12月22日というわけです。

 

人間には自由意思があるので

3次元の旅、5次元の旅、

どちらを選んでもいいんです。

 

そして、この2極間には

善悪、正誤、優劣はありません。

 

どちらが良いとか悪いとかはない。

どちらが正しいとか間違いとかはない。

どちらが優れているとか劣っているとかはない。

 

そこにあるのは個々の魂にとっての

「それぞれ最善の選択」だけなのです。

 

今年はさまざまな体験を通し

何度も何度も選択を迫られました。

 

それにより

やめたこと、はじめたこと、

出会ったもの、別れたもの、

いろいろありました。

 

出来事は多種多様ですが

この先の人生どう生きるかを

毎回嫌というほど

確認することになりました。

 

その結果として

私は今回の人生において

「次元上昇の旅」を

選択することを決めたのです。

 

これが、私にとって

今年「最も素晴らしい!」と

感じた出来事でした。

 

どうですか?!

ものすごいファンタジーですね!!(笑)

 

しかし

魂としての私にとっては

これが真実です。

 

これこそが

「信仰」というものなのかもしれませんね。

f:id:Kougetsu:20211231200439j:image

これをもちまして

2021年の締めくくりとさせていただきます。

 

今年も皆様から頂戴した

たくさんの愛への感謝とともに

新しい年が皆様にとって

幸多き年になりますよう

心から願っております。

 

よいお年をお迎えください。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

私を苦しめているのは誰?

イライラしたり、ムッとすること、

ありますよね。

 

私はそもそも気が短いので

瞬間的にそうなることはよくあります。

 

感情がブツブツと泡立ってしまい

まるで注いだビールの泡が

グラスのふちからあふれ出て

その泡が零れ落ちないよう慌てて口をつけ

味わうことなく泡を吸い込んでいる感覚です。

f:id:Kougetsu:20210717113658j:plain

あふれる泡を吸い込みながら

もっと静かに注げばよかった!、とか

周りを汚したら大変だ!、とか

失敗してかっこ悪い!、とか

いちいち不快になっているイメージです。

 

自分が飲みたくて

わざわざグラスに注いだはずのビールなのに。

 

そのあふれてきた泡を吸い込みながら

一体全体、何に対して

苦しんでいるのでしょうか。

f:id:Kougetsu:20210717115219j:plain

グラスは己の心、概念、

又は正義感でもいいですね。

 

そこに注いだビールは

外部からの情報や他者の概念、正義感、

そしてビールの泡は己の感情です。

 

そもそも飲みたくて注いだのだから

美味しくいただけばいいだけのことなのですが

私たちはどうも

「自分で選んでいる」という感覚が

乏しいように思うのです。

 

あふれさせるなんてもったいない!とか

こぼれて汚い!とか

泡ばかりで美味しくない!とか

ビールなんか飲まなきゃよかった!とか

とにかくどんな思いであれ

必死になって泡を吸い込んでいるけれど

そんなに嫌ならば

いちいち泡を吸わなくても

こぼれた泡は拭き取れば済む話ですし

なんならビールそのものをグラスから出し

別の飲み物で満たしてもいいわけです。

f:id:Kougetsu:20210919135101j:image

ビールはそのままでは泡が立ちません。

 

ビールそのものに問題があるのではなく

それが私という「器」に注がれ

己の概念と反応した瞬間から

問題は発生しているように思うのです。

 

知らぬが仏、とはよく言ったものです。

 

もちろん

知ることは大切ですし

無関心に生きろということを

言っているわけではありません。

 

情報に振り回されて

人や環境のせいにすることで

情動のままに生きるのか

情報を刺激と受け取り

自分で調べ考え取捨選択し

意識的に生きるのか

そういう部分に目を向けているかを

己に問うているのです。

 

そう思えば、

これはいったい

誰が起こした問題なのでしょうか?

 

私が他の誰よりも愛してやまない

ひと時も離れることなく私に寄り添い

私を「私たらしめて」くれる

「自我(エゴ)」の存在が

起こしている問題とも言えますね。

 

私を苦しめているのは

いったい誰なのでしょうか。

 

そんなふうに

改めて己に問い直すことで

あんなにイライラしていたことが

ひとつ、ふたつ、とクリアになり

とても穏やかな気持ちで

過ごせるようになると思うのです。

f:id:Kougetsu:20210919100642j:image

少なくとも私はそうするようになって

ずいぶん楽になりました。

 

最近はビールもほとんど飲まなくなり

お酒から足が遠のいていますから

溢れる泡すらも愛おしく感じます。

 

人間ってゲンキンなものですね(笑)

 

感情はこの身体からのギフトですが

いつも好ましい

贈りものがくるとは限りません。

 

ありがたく受け取るのか、

それとも

丁寧にご遠慮させていただくのか。

 

まずは自分に対して素直に生きることが

苦しみを手放す第一歩かもしれませんね。

我が家の天王山

毎月、この時期の我が家は

異様な緊張感に包まれています。

 

夫は介護職でシフト勤務です。

 

私は自宅の一室を

サロンとして使用しているため

営業スケジュールを

彼のシフトに連動させています。

 

そのため

毎月、彼のシフトが出た日には

1ヶ月分の営業スケジュールを作成し

優先予約をお申込みいただいたお客様へ

ご希望条件に合わせた

ご予約可能日時をご連絡します。

 

彼は彼で

施設の業務分担を任されているそうで

勤務時間では作成しきれないからと

出された勤務表に合わせて

業務分担表を黙々と作成します。

f:id:Kougetsu:20210828152242p:image

この「シフトが出た夜」の

夫婦揃って張り詰めている雰囲気は

まるで夏休みの宿題が終わっていない

始業式前日のようです(笑)

f:id:Kougetsu:20210828152554p:image

今月は昨夜シフトが出たので

翌月1ヶ月分のスケジュール調整を

一気に行いました。

 

優先予約、キャンセル待ち共に

できる限りご希望に沿えるよう

枠数を制限してお受けしているのですが

ご希望が多い日に限って

狙ったようにシフトが休日だったりすると

さすがにイライラして

嫌味の一つも言いたくなるのですが

それを言ったところで

彼のシフトが変わるわけでもないので

彼が在宅時にどれだけ協力してもらえるか

冷静に交渉する必要があります。

 

感情的になったら交渉決裂ですからね(笑)

f:id:Kougetsu:20210828153911p:image

交渉において大切なことは

お客様のご希望に寄り添うのと同じように

彼の希望にも寄り添うことです。

 

そして

ここは案外見落としがちなのですが

私の希望も決して犠牲にしないこと。

 

家族なんだから我慢して、とか

仕事なんだから仕方ない、とか

会社員だった頃の私は

とにかく仕事が最優先で

家族も自分も蔑ろにしてきました。

 

何のために働いてると思ってるの!

生活のためなんだから文句言わないで!

 

仕事に追われて

そんな傲慢な発言をしたこともありました。

 

しかし

そんな働き方をし続けた結果、

私は身体を壊して仕事を辞めました。

 

家庭が壊れなかったことは

己の行いを思えば

本当に幸運なことでした。

 

今、もしもあなたが仕事に追われ

心も身体も疲弊しているならば

少しだけ振り返ってみてください。

 

もしかしたら

一番大切な「あなたの希望」や

あなたを支える「家族の希望」を

犠牲にしているかもしれません。

 

生活のために働くのは同じでも

自分さえ我慢すればいい、

お金のためだから仕方ない、

家族が私に協力するのは当たり前だ、

そんな言葉が思い浮かんだら

働き方を見直すサインかもしれませんよ。

f:id:Kougetsu:20210828151226j:image

おかげさまで9月も

全ての営業日につきまして

ご予約が終了いたしました。

 

尚、受付を停止しておりました

ご予約関連のお申込みにつきましては

明日、8月29日(日)20時から

10月の優先予約が受付開始となります。

 

また、

延期になっている

各種イベントにつきましては

緊急事態宣言解除後に

日程調整を予定しているため

9月の開催はございません。

ご了承ください。

 

多くのお申込みに

心より感謝申し上げます。

余白を綴る

連絡手段として

LINEやSNSのDMなど

便利なツールで

やりとりすることが増えました。

 

Eメールだと

それなりに文章をまとめるけれど

LINEやメッセンジャー

どこか会話的なやりとりですね。

 

てまひまかけずとも

スタンプひとつで済むこともあり

レスポンスよくやりとりするには

もってこいのツールだと思います。

 

そんな時代ではありますが

プライベートの連絡ツールとして

今でもEメールを使って

やりとりさせてもらっている方が

何人かいらっしゃいます。

 

そんな、

数少ないやりとりの中ですが

ふと、

Eメールを使う時というのは

単なる連絡事項だけではなく

己の気持ちを綴ることが

多いということに気がつきました。

 

LINEやメッセンジャーは 

「業務連絡」の要素が強いので

内容は簡潔にと心がけていますが

Eメールは毎回長文になりながちです。

 

それでも

まるで往復書簡のように

情感あふれる

メールのやりとりをしていると

そこはかとなく感じる

あたたかさのようなものに癒されます。

 

そういえば

手紙を書くことも

ずいぶん減りました。

 

否、

ほとんど無くなりました。

 

最後に手紙を書いたのは

いったい、いつだったろう?と

思い返しても思い出せないくらいです。

 

シンプルな生き様はとても美しいけれど

無駄を省くことや楽をすること、

効率を重視することばかりやっていると

この肉体があるからこそ感じられるものが

どんどん失われていくようにも思えます。

 

便利になればなるほど

楽をすればするほど

私という命はいったい何のために

この世に生まれてきたのかと…。

 

そんなことに思いを馳せる日々です。

f:id:Kougetsu:20210710121118j:image

会社員時代には

想像もつかなかったような

喜びや豊かさや楽しさが

かつては無駄と感じていたことや

意味のないこと

非効率と感じていたことの中に

ひっそりと潜んでいるので

退職してからは

新鮮な発見の毎日です。

 

めんどくさい、

意味がない、

無駄だ、

 

そんな言葉で切り捨ててきた

たくさんの余白たち。

 

一見すると

何の役にも立たぬような

その余白の中にこそ

かつての私が

綴りたかった思いや

感じたかった手触りや

必死になって探していたものが

あったのかもしれません。

 

仕事は大好きでしたし

業務を効率化することに対しては

とても意欲的に取り組んできましたし

それなりに成果もあげてきましたが

あの頃、

必死に追い求めていたゴールそのものを

見直して手放した自分を

今は純粋に褒めてあげたい気分です。

f:id:Kougetsu:20210710111143j:image

人と直接会って触れ合うことが

制限される日々が続いていますね。

 

ありがたいことに

私はこの仕事をさせてもらうことで

多くの方と出会い

直接お話をさせてもらっています。

 

プライベートでは

狭い範囲でしか活動していない私も

他の誰かの人生に触れるときには

確かにその世界で生かされている。

 

本当にありがたい話です。

 

どんな仕事でもそうなのですが

それが誰かの役に立っているからこそ

成り立っているという現実があります。

 

もちろん、

仕事というのは

「収入を得るため」や

「生活を維持するため」

という側面もありますが

それはあくまでも側面のひとつであり

全てではありませんよね。

 

ひとつひとつの作業の先には

必ず誰かの喜びや感謝がある。

 

もう少し広い範囲で言えば

ひとつひとつの行為、行動は

見える、見えないにかかわらず

必ず誰かへと影響しているのです。

 

私の「働き」というのは

どんな些細なことであれ

必ず人の役に立っているんですね。

 

また、

 

私がこうやって

何不自由なく生活できているのは

誰かの「働き」があってこそです。

 

あなたの「働き」があるからこそ

私も含め、どこかの誰かが

あなたの役立ちに助けられ

日々「おかげさま」と感謝をしている。

 

そう思えば

 

めんどくさい、

意味がない、

無駄だ、

 

そんな言葉を使えるほど

仕事や働くことというのは

単純なものでは無いようにも思います。

f:id:Kougetsu:20210710114638j:image

そもそも現象や出来事に

はじめから「意味」はありません。

 

それらに意味を持たせているのは

私たちの意識や知性です。

 

自分が興味を持てないことに

「意味がない」と感じるのは

単に己の意識や知性が

貧困だからかもしれません。

 

決して

自己犠牲的になれ!というような

精神論を問うているのではありませんが

あなたが求められていることに対して

めんどくさい、と思うなら

意味がない、と思うなら

無駄だ、と思うなら

その先にいるまだ見ぬ誰かへ

想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

たとえ

特定の誰かが思い浮かばなくても

あなたにとって

めんどくさいことも

意味のないことも

無駄なことも

誰かにとっては大きな意味を持つ

とても大切なことかもしれません。

 

巡り巡って

自分の顔が見えてくるかもしれませんよ。

f:id:Kougetsu:20210710122137j:image

私もあなたも

決してひとりでは生きていない

ひとりでは

存在することができないというのは

この世界が「善」や「愛」で

成り立っているからだと思うのです。

 

もちろん、

そんな綺麗事では

片付けられないような出来事が

世の中のそこかしこに溢れていますが

だからこそ思い出してほしいのです。

 

この世界が

「善」や「愛」で成り立っていて

私たちは誰ひとりとして

孤独ではないのだということを。

 

独り勝ちの世界が本望なのでしょうか?

 

我欲を満たそうとすればするほど

失われていくものがあります。

 

生きているのは

誰かのおかげさまと感謝して

日々過ごせたら気持ち良いですね。